肉割れ 妊娠線 消す方法

肉割れ・妊娠線の原因とは

女性にとってはあまりありがたくない存在なのが肉割れや妊娠線です。

 

妊娠や肥満によって体のいたるところにでき、なかなか消えてくれません。痩せたからと言って消えるものでもありませんから、できれば肉割れや妊娠線は出てほしくない存在です。

 

そもそも妊娠線・肉割れは、妊娠や急激な肥満に皮膚がついていけず、伸びてしまうことが原因です。皮膚の深いところ(真皮層)ではコラーゲンが壊れ、皮膚の浅いところ(表皮層)では、ひび割れが起こります。そのうち、表皮部分は少しへこんだ状態になります。

 

なぜこのような状態が起こるかというと、お腹や太もも、お尻などは、皮脂の分泌が非常に少なく、水分が少ない部位だから。水分が少ない部位はこういった痕が残りやすいのです。また、肌の伸縮性も弱く、乾燥肌の人はより肉割れの痕ができやすい傾向にあります。

 

高齢の方に肉割れや妊娠線ができやすいのは、この水分不足が原因です。

 

肉割れや妊娠線ができやすい年齢は、妊娠する20代〜50代ぐらいまでが考えられますが、まれに成長期の10代にも見られます。急激な成長や肥満に皮膚が付いていけない場合、肉割れとなって定着してしまうのです。

 

体は急激な変化に弱いものです。妊娠は致し方ない面もありますが、できれば急激に太ったりしないよう、生活習慣から気を付けていきましょう。

 

ベルタ酵素効果

肉割れ・妊娠線ができやすい体質

同じ妊婦さんでも、妊娠線がある人とない人がいます。これは、お腹の成長の仕方にもよりますが、体質の違いによるところも大きいと思われます。

 

実は、肉割れや妊娠線には、できやすい体質とできにくい体質があります。体質と言っても大げさなものではなく、主な違いは肌質の違いです。

 

一般的に、皮膚が乾燥しやすい人は妊娠線が出やすく、乾燥肌でない人は妊娠線が出づらいです。これは肉割れも同じ。肉割れも妊娠線も乾燥が大敵と言われていて、妊娠線予防のクリームは、保湿成分が多く含まれています。

 

ただし、乾燥肌の方でも、妊娠中からケアしておけば問題ありません。クリームなどでケアしたおかげで妊娠線が出なくて済んだ、という方もたくさんいます。妊婦さんはなるべく早めにケアを始めるように心掛けるとよいでしょう。

 

成長期の肉割れなどにも、妊娠線ケア用のクリームは有効です。ただ、成長期の肉割れは、妊婦さんとちがって、いつごろからケアすればよいのかがわかりづらいのが難点です。

 

そのため、成長期でどうしても肉割れが気になる人は、普段からお尻や太ももを乾燥させないよう、お風呂上りに必ずローションやクリームで保湿しておくのがおすすめです。

 

乾燥肌ではない、という人でも、冬場のお風呂上りにはかゆくなったりする方もいます。自分の肌質を過信しすぎないよう、適切なケアで肉割れ・妊娠線を防いでください。